中絶手術のが良かったのかどうかわからない

鬱になるくらい中絶手術は辛い

それからすぐに病院選びをすることにしたのですが、一人で中絶手術をする病院を選ぶというのはとてもつらいものがあり涙が止まりませんでした。
同じ手術をするにしても彼がいてくれるだけでどれだけ気持ちが楽になっただろうかと考えると、感情を抑えることができなかったのです。
彼だけでなく避妊を徹底しなかった自分にも責任があるわけですから、なんでこんなことになってしまったのだろうかという後悔しかありませんでした。
病院が決まったら、すぐに予約をして手続きをすることになりました。
手術の説明を聞いているだけで不安な気持ちと赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちがわいてきて、生きていくのが嫌になってしまったほどでした。
彼の同意書が必要になるのかと思ったのですが、自分だけの署名で済むということだったので相手が見つからないこともありホッとした部分がありました。
正直なところ今更彼を見つけたところで決心が揺らいでしまうだけですし、余計に傷つくだけですからこれでよかったのかもしれません。
それから淡々と手術の日程が決まって、あとは中絶手術をする日を待つばかりとなりました。
日程が決まってからが一番つらくて、本当に良いのだろうか考え直したほうが良いのではないかと常に迷いがありました。
それだけに手術の日までがとても遠く感じられ、手術当日はようやくこの日が来たのかと諦めにも似た安堵感があったのです。

妊娠したら彼氏に逃げられた鬱になるくらい中絶手術は辛い避妊することの重要性