中絶手術のが良かったのかどうかわからない

避妊することの重要性

中絶手術中絶手術

妊娠したら彼氏に逃げられた鬱になるくらい中絶手術は辛い避妊することの重要性

手術に対する不安というのはなく、失敗をして自分が傷ついてもそれは仕方がないと思いましたし、そうなってしまえば良いという思いすらありました。
ただ、このときは友達が付き添いで来てくれたので、友達のためにはとりあえず無事で帰りたいと考えていました。
麻酔が施されるとあっという間に意識が失って、気づいた時には手術は終わっていました。
全身ぐったりとしてだるい感じがあったのですが、これでようやく全てが終わったのだなという気持ちでした。
友達に介抱されながら帰ることになったわけですが、悩みから解放されたということと赤ちゃんに対する申し訳無さから自嘲してしまいそうになりました。
それから一週間は体調も悪く精神的にも辛かったのですが、体調が戻ってきてからはようやく精神的にも少し楽になって来ました。
それでも、中絶手術をしたというのは本当に良かったのだろうかという気持ちが今でもあり、産むという選択肢があったのではという気がします。
中絶手術をしたことで初めて避妊の大事さ、パートナーの信頼の重要性を知りました。